借金問題・自己破産

 

・債務整理は生活再建の手段

債務整理の依頼を受けて、ご本人の生活状況を見てみると非常に厳しい状況に追い込まれていることが多くあります。 家賃が払えていなかったり、光熱費が滞納していたり税金が滞納していたり。 また、浪費癖がついていて、まったく家計のバランスが悪くなっていたり。 借金の原因がそのような浪費である場合などは、根本的に生活を見直していただく必要があります。債務整理をきっかけに生活を立て直すことが最終の目的です。 ですから、過払い請求だけを受任して、あとはノータッチなどという処理では困るわけです。 当事務所ではこのような考え方で債務整理方針を決定いたします。 もちろん、ご本人の要望はお伺いいたしますが、ご希望の手続を必ずお約束することはできません。不適切な処理をしてしまうと、あとでもう一度債務整理をしなくてはならなくなることもあるので、無理なものは無理とお断りすることもございます。 ■ブラックリスト 「ブラックリスト」をおそれている相談者が多いのですが、支払を延滞している時点で既にブラックになっています。 ブラックリストというものについては、信用情報機関に登録されている状態で、債務の延滞があった場合、債務整理をした場合など、その時点で信用情報は事故扱いになることをいいます。 債務整理をして生活再建を目指すのであれば、信用情報が「ブラック」になってしまうのは仕方がないことではないでしょうか? 当面借金ができなくなるのは、当たり前といえば当たり前です。なお、完済した事案について過払い金返還請求を行った場合にはブラックにならないようです。

 

身近な法務手続き(個人のお客様)

会社設立法務手続き
(法人のお客様)


専門外である会社法務やトラブルを事前に防止!安心して全ての力を本業のビジネスに集中し、事業の拡大を図ることができます。

【対象エリア】

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県