会社設立手続きの流れ

 

・会社設立までのフローチャート

1、 まずは、当事務所へ相談ご予約のお電話を下さい。 まずは、お気軽にお電話ください(пF06−6940−4115)。お電話にて設立する会社の概要をお聞きした後に、詳細な打ち合わせをするための日時を決定させていただきます。

 

2、事務所にて、定款内容等の打ち合わせ 当事務所へご来所いただきまして、設立する会社の内容について打ち合わせをいたします。

 

3、「類似商号」「会社の事業目的」の適格性調査 決定した商号及び会社の事業目的について、類似した商号の会社が登記されていないかどうか、会社の事業目的が登記可能なものかどうかを調査します。 この調査は基本的には司法書士が行います。調査の結果不都合が判明した場合には、商号、事業目的等を変更していただくことがあります。

 

4、会社代表印を作成していただきます。 調査により商号が確定してから会社代表印を作成していただきます。 会社代表印は、会社設立登記と同時に法務局へ届け出をすることとなります。以後、当該印鑑が会社の「実印」となります。また、この時点で、必要に応じて「会社銀行印」「角印」、「会社ゴム印」などをお作りになるのをお勧めします。

 

5、発起人、取締役の印鑑証明書を当事務所へ郵送等していただきます。

 

6、定款の作成 ここまでの打ち合わせ・調査をもとに当事務所で定款を作成します。

 

7、ご捺印 作成した定款について、公証人の認証を受けるための書類にご捺印いただきます。

 

8、定款認証手続き 司法書士が公証人役場へ出向き、定款に公証人の認証を受けます。 当事務所は当然「電子定款」を作成しますので、紙で定款を作る場合に必要な収入印紙代4万円が不要です。

 

9、 資本金の払い込み 発起人代表者様の名義で銀行口座をひとつご準備いただき、その口座に対して、発起人それぞれの名義で「お振り込み」いただきます。 振込は定款認証の後の日付で通帳に記帳されなければならないので、振込のタイミングは事前に打ち合わせします。

 

10、登記申請書類の作成 司法書士が、登記申請に必要な書類を作成いたします。

 

11、2回目のご捺印 作成した書類について、ご捺印いただきます。

 

12、会社設立登記の申請 司法書士が、法務局へ会社設立登記を申請いたします。この日が「会社設立日」ということになります。

 

13、登記完了、登記事項証明書、会社の印鑑証明書の取得 登記申請後4日〜1週間で登記が完了します。 登記が完了した時点で初めて登記事項証明書や会社の印鑑証明書を取得することができるようになります。 法人名義の銀行口座開設等に必要となる「履歴事項全部証明書」や「会社の印鑑証明書」も当事務所が取得を代行致します。

 

14、各役所への届け出 必要に応じて、税務署や社会保険事務所、労働基準監督署への届け出を行っていただきます。 これらは司法書士業務ではありませんので、ご依頼者ご自身で行っていただくこととなります。 ご希望があれば、税理士・社会保険労務士等の専門家をご紹介いたします。

身近な法務手続き(個人のお客様)

会社設立法務手続き
(法人のお客様)


専門外である会社法務やトラブルを事前に防止!安心して全ての力を本業のビジネスに集中し、事業の拡大を図ることができます。

【対象エリア】

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県