起業時の融資制度について

 

・まずは日本政策金融公庫をチェック!

民間の銀行は、創業時の企業に対しては融資を渋る傾向にあります ですので、創業時の融資については、政府系金融機関である日本政策金融公庫をチェックされると良いと思います。



日本政策金融公庫は、国の政策として、創業時の企業への融資を積極的に行っています。 日本政策金融公庫は、新たに事業を始める方や事業を開始して間もない方を対象として、「新規開業資金(7200万円以内)」や「新創業融資制度(1500万円以内)」という融資制度を用意しています。


日本政策金融公庫の支店によっては、これらの融資に関する相談窓口等を設けておりますので、融資をご検討の方は一度相談にいかれるとよいと思います。 事前予約制をとっている支店も多いですので、まずは各支店のホームページをチェックしてください。


※融資を受ける際には次の2点に注意してください。


1、日本政策金融公庫の審査に通らなかった場合等に、簡単に融資審査が通るからといって、高金利の融資(消費者金融、クレジットカードのキャッシング等)を利用しないでください。

2、連帯保証人の責任は非常に重いものです。連帯保証人を親族等にお願いするときは、「絶対に迷惑をかけない」というのは無理と認識したうえでお願いしましょう。

身近な法務手続き(個人のお客様)

会社設立法務手続き
(法人のお客様)


専門外である会社法務やトラブルを事前に防止!安心して全ての力を本業のビジネスに集中し、事業の拡大を図ることができます。

【対象エリア】

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県