住宅ローンの完済・借り換え

 

・抵当権抹消手続きについて

・住宅ローンを払い終わったら 住宅ローン等の支払が終わった方、ご注意ください。最後にしておかなければならないことが残っています。抵当権を抹消することを忘れないで下さい。ローン完済の書類を仕舞い込む前にもう一度よく内容を読んでください。必ず、抵当権抹消の手続きを司法書士にご依頼くださいとの注意書きがあるはずです。

・抵当権を抹消しましょう

抵当権は金融機関が融資を行ったときに、不動産を担保に取るために設定されます。

(世間では抵当に取る、抵当に入れると表現する場合があります)

債務者がローンの支払を止めてしまうと金融機関は当然返済を迫ります。それでも支払をしないでいると、金融機関は抵当権を行使して不動産を売却し、債権の回収を行います。 ローンをすべて払い終われば、金融機関が担保している債権(住宅ローン)は消滅します。当然、不動産についている抵当権は消す必要があります。ローンが終わっているのに、不動産に担保が残っていてはおかしいからです。

金融機関は、ローンの支払が終わると抵当権抹消書類を一式送付してきます。抵当権の設定のときは、事細かく手続きの説明をしてくれたのに、抵当権抹消のときはあっさりしたものです。ローンが終わったら、あとは自分で勝手に抵当権抹消しておいてください、ということなのでしょうか。とにかくその書類を使って抵当権を抹消しましょう。そして晴れて不動産は完全に所有者のものになるのです。

 

・抵当権抹消のご相談について

まずはお気軽にご相談下さい。

御見積は登記簿謄本があればすぐに算出できます。

(ご依頼の流れ)

1.ご相談・御見積

2.ご依頼・必要書類作成・ご依頼に応じて当事務所で住民票等を取得

3.必要書類への押印・ご本人様確認・抹消書類等のお預かり・登記費用お支払い

4.登記申請

5.登記完了後、登記簿謄本、登記完了証のお渡し、お預かり書類のご返却 (抵当権抹消登記に必要な書類)

金融機関から受け取った書類

ご依頼者様

登記済契約証書・登記識別情報

お認め印

資格証明書

身分証明書

金融機関の委任状

金融機関の書類には有効期限のあるものがあるので、できるだけお早めにお越しいただいたほうがよいでしょう。

放置しておいて、金融機関が倒産してしまうようなことがあったら抹消手続きは難航します。

身近な法務手続き(個人のお客様)

会社設立法務手続き
(法人のお客様)


専門外である会社法務やトラブルを事前に防止!安心して全ての力を本業のビジネスに集中し、事業の拡大を図ることができます。

【対象エリア】

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県